チュウッと聞こえたらねずみに注意!|ねずみ駆除で被害拡大を防ぐ

男の人

安全に追い出す

男の人

コウモリと言えば人間の血を吸う動物と言うイメージがありますが、全ての種が血液を食べ物にしているわけではありません。場合によっては昆虫や木の実を食べる事もあります。また、安全に害獣を追い出す業者が存在します。

» 詳細を読む

様々な方法がある

住宅

コウモリは人を襲うような動物ではないのですが、糞尿などで人々を困らせています。駆除する為には様々な方法が用いられており、換気扇の排気口を始めとする侵入経路を塞ぐことも大切です。

» 詳細を読む

依頼した方が確実

作業員

ムカデ駆除などは業者に依頼して行ってもらうのが一般的です。多くの人は自分達で駆除しようとしますが、プロにお願いした方が確実だと言えるでしょう。また、害虫なので噛まれると危険です。

» 詳細を読む

被害が拡大する前に

男性

ムカデに咬まれるとどうなるか

皆さんはムカデを見たことがあるでしょうか。だんだんと暖かくなり夏に近づくにつれて、害虫の被害が多くなる季節になります。もしそんな害虫が家の中に侵入してきたら、ゾッとしてしまうのではないでしょうか。節足動物のムカデは土壌環境で発生していますが、時々建物内に入ってきてしまい稀に咬まれることがあります。頭に部分に毒を持った顎があり、咬まれると蜂に刺されたときのような激しい痛みを伴います。抗ヒスタミン剤含有のステロイド軟膏を、刺される前に塗っておくと効果があるという事です。咬まれてしまった後は水で冷やしながら速やかに病院に行く必要があります。そういう事態にならない為にも、建物周辺で見かけたらすぐにムカデ駆除をしておきたいものです。建物内に侵入されないうちに早めのムカデ駆除対策が必要になってきます。また、ねずみ駆除を専門とする業者も存在します。ねずみ駆除を依頼する事で元通りの生活が取り戻せるようになるでしょう。

駆除方法と対策について

ムカデというのは、日中は木や石や葉っぱの裏などに潜んでいますが、夜行性なので活動は夜になります。5月頃から夏にかけての夜間、建物の壁面に沿って侵入するケースが多いようです。ムカデ駆除でいちばん大事な対策というのは、建物周辺で駆除するという方法です。まず建物の外周にムカデ駆除用の薬剤を散布して、侵入してくるムカデを排除します。また玄関ドアの隙間やベランダ、窓枠、換気口などにはスプレータイプのムカデ駆除剤を散布しておくと良いでしょう。もしも家の中にムカデが侵入した場合は、スプレー殺虫剤や冷却駆除スプレーなどでムカデ駆除してください。そして何匹も家の中にいるようなケースは、専門的な知識を持ったプロの害虫駆除業者に依頼することをおすすめします。